AmazonのFBAパートナーキャリアサービス(日本郵便) 料金改定のお知らせ

最近凄い料金改定やサービス変更が乱立しており何がなんだかついていけてますか?私はいけてません・・wそれでもプラットフォームを使っている以上波に乗って、更に利益を上げるためにどうするか知恵を絞るしか無いと思います!

今回のすべての件は良い事だと受け止めて、新しくじゃあどうしていくか?を考える人間だけが生き残れるんだと思います。

FBAパートナーキャリアサービス(日本郵便) 料金改定のお知らせ

2018/04/12
2018年5月7日付にて、FBAパートナーキャリアサービス(日本郵便)の配送料金が、ゆうパックの基本運賃と同額に改定されます。また、これまで30kgまでとしていた一箱当たりの重量制限が、同日より一箱当たり25kgまでに変更となります。

改定後のFBAパートナーキャリアサービスの配送料金は、日本郵便のホームページよりご確認ください。

例)近畿地方から小田原FC(FSZ1)に納品する場合:
輸送箱の3辺サイズ合計が100cmの箱を、大阪から小田原FCに送る場合、現行料金の851円から1,410円に変更となります。

FBAパートナーキャリアサービスについて詳細はこちらをご確認ください。

簡単にパートナーキャリアで安く納品出来ていたのが事実上の廃止になったという事ですね。と言ってもあまりこのパートナーキャリアを使っているせらーさんは少なかったのではないでしょうか?

なぜなら郵便局やヤマトなどと直接安い金額で契約しているため。(特約)ただし去年の無料キャンペーンの影響であまり発送しなくて特約を切られてしまったり大幅値上げされたりと、影響が出ているようです。結構これはしんどいので対策しないとですよね。

そもそも北海道住みの私からしたら本州のほとんどの方が安く送れていすぎ!!って感じですよ。こっちはそもそも特約でも高いですからね。

ただ私は去年全く送ってないけど値上げも無く特約も切られず、未だにお世話になっておりありがたいですm(_ _)m理由は不明ですが恐らく超田舎のため他の顧客自体が少ないからでしょうかね・・・?正直何も影響が無い人間もいるって事ですね。

今のままの方法でも利益が出るのなら良いのですが、もし少しでも危機感を持っているなら商材自体を変えるなり、もう一度特約を契約してもらうなり、違うプラットフォーム進出するなり、多角的に考えて自分自身も変化していくのが一番ベストだと思います。

[FBA] 納品先指定オプションサービスの終了について

2018/04/16
2018年5月9日以降、納品先指定オプションサービスを利用して設定されているフルフィルメントセンター(FC)を解除させていただくこととなりました。設定解除後は、購入者の需要分布および各FCの在庫のバランス等を考慮し、最適な納品先FCが納品プランごとに指定されます (FC一覧はこちら)。 本件の詳細はこちらをご覧ください。

そもそもAmazonは出品者に対してかなり優遇していたように思います。神プラットフォームとカスタマーサービスです。FCはパンク寸前なのだと思いますから、これも遠隔地に発送になった場合の送料をそもそも考えて仕入れるなり、単価自体アップ、自社発送とか考えていく岐路に立たされているように感じます。

人的ミスでやりがちな発送先間違いには十分注意が必要です!!(私も数回やらかしてます)高い着払いで否応なしに返送されてきますので。

【重要】フルフィルメント by Amazon手数料改定・料金体系変更のお知らせ

2018/03/12
FBAでは、出品者様のご期待に沿えるように、迅速で質の高いサービスを提供するよう努めると同時に、業務の改善やコストの低減により低廉な価格を維持するよう努めて参りました。しかし、保管、フルフィルメント、輸送、カスタマーサービスのコスト上昇など最近の様々な環境の変化に伴い、今後も高いサービスの品質を維持するために、大変恐縮ですが、この度の料金体系変更及び手数料改定をお願いせざるを得ない、との判断に至りました。2018年4月24日より、Amazon.co.jpのFBA手数料および料金体系を改定させていただきます。

Amazonでは、今後とも一層のサービスの向上とコストダウンに尽力して参りますので、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

・配送代行手数料、在庫保管手数料、FBA商品ラベル貼付サービス手数料、購入者返品手数料、納品不備受領作業手数料の料金を改定いたします
・出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていた配送代行手数料を、配送代行手数料(個数あたり)に統合いたします
・配送代行手数料のメディアとメディア以外の区分を統合いたします
・在庫保管手数料について、1月~9月と10月~12月で異なる手数料が適用されます
(在庫保管手数料は、2018年5月1日より改定後の料金が適用されます)

その他の料金については変更ありません。

これはかなり世間をガヤガヤさせたトピックですね!私は取り上げるの完全で遅れてますけど・・(^^:)

約100円程度値上がりしたと考える事、複数個の注文時にはそれぞれ配送代行料が取られるのでCDなどのメディア系、中国輸入商品など低単価商品の複数販売で利益を出していたせらーさんは注意しなければなりません。かなり利益が減る予想が。。。

一度の注文で複数点数の購入があった場合の料金はどのようになりますか?

例えば、標準サイズのメディア以外の商材について、同一商品が2点注文され、1出荷で発送された場合のFBA配送代行手数料は以下の通りとなります。

現行料金体系:出荷代行手数料(個数あたり) 100円 × 2点 + 発送重量手数料(出荷あたり) 229円 = 429円

新料金体系:配送代行手数料(個数あたり)360円 x 2点 = 720円

その手数料を考えて利益減った分更に販売数を増やせるのが良いですが同時に消費税も増えるので結果的に首を締める事も十分考えられます。手間や仕入れ考えても、プラットフォームを増やす、高単価、高利益商品にシフトチェンジしていくのは如何でしょうか?

変わりつつあるものにしがみつくほど大変な事はないと思います。それなら自分自身も柔軟に変化していった方が楽に生きていけるので、その道は人それぞれですが探していきましょう。

私としては、高利益率の中古中心に販売している事、既に違うプラットフォームを開拓しつつあるのでそんなに大きな影響は無いと考えています。それともう好きな事、楽しいと思える事しかしないと決めたのであまりこの手数料アップに囚われすぎず今自分が出来る事を精一杯やって結果だしていくしかないのだと思います。

せどらーの皆さん、昔より厳しい環境になりつつありますが頑張って行きましょう(*^^*)

以下説明画像↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です